IchigoJamとモニタとバッテリをケースに収めてみた

IchigoJamをモバイル化して、どこでも遊べるようにしたいと思い、IchigoJam本体とモニタとバッテリをケースに納めてみました。さらに、100円ショップのプチブロックを貼り付けて、モーターやセンサーを簡単に着脱できるようにしています。ここではざっと作り方の流れを解説しますが、後日あらためて詳細な手順をアップ予定です。

ケースに使用するのは、ダイソーで買った「積み重ねボックス 小・フタ付」です。

Amazonなどで1000円台で買える、ノーブランドの4.3インチモニタを分解します。背面のネジを外してケースを開けて、液晶面と基板、ケーブルだけにします。


ケースに、液晶と同じサイズの穴を開けます。プラスチックカッターやヒートナイフなどを使って、ケガをしないように開けましょう。さらに、背面にはキーボードのUSBを接続する穴、電源のUSBケーブルを接続するための穴もあけておきます。また、サーボモーターやセンサーのケーブルをとおす穴も開けています。

透明プラ板を切って、ケースのフタの上から貼ります。

ケースのフタの内側から、液晶をはめ込んで、マスキングテープなどで固定します。


ケースの切り口が雑になっているのを隠すために、フリーカットのシールを貼ります。液晶面の周囲が角丸になるようにカットすると、かわいい印象になります。

さらに、ダイソープチブロックで飾りを付けています。右の赤いブロックの裏側には、LEDを仕込めるように穴を開けています。


モバイルバッテリはなるべくコンパクトなものを選びます。充電用マイクロUSB、給電用USBの延長ケーブルを取り付けます。L字タイプを選ぶと、ケースに収めやすいです。

給電用ケーブルの先には、USB スイッチ付コネクタ、2分岐のケーブルを取り付けます。その先には、IchigoJamの電源につなぐためのマイクロUSBと、モニタにつなぐための昇圧コンバータをつなぎます。


IchigoJam本体に、ビデオケーブルとキーボード接続のための延長USBケーブルをつなぎます。


ケースにモバイルバッテリとケーブルを収めます。バッテリは両面テープなどで固定しましょう。キーボードを接続するUSBのポートと、電源用USBのポートは背面の穴からのぞかせて、グルーガンなどで固定します。


IchigoJam本体もケースに収めて、各ケーブルもつなぎます。


ケースにすべてのパーツがおさまったら、プチブロックを貼り付けて、穴をあけた周辺などの見映えを整えます。


背面のポートにキーボードをつないで、電源をオンにします。


プログラムで顔を表示してみました。

ブロックにひもをつければ、持ち運べます。


サーボモーターや測距センサーにもプチブロックを貼り付けておけば、ケースに着脱可能になります。

応用で、アドベンチャータイムに登場するキャラクターの「ビーモ」も作ってみました。

有隣堂横浜駅西口店にて、プログラミング体験イベントをやります!

0コメント

  • 1000 / 1000